【鬼滅の刃】幼少期が見てみたいキャラクターランキングTOP10

個性あふれるキャラクターが数多く登場し かつてないほどの大ヒット作品 となった鬼滅の刃 今回はその中でも 幼少期を見てみたいキャラクターを ランキング形式でご紹介していきます ネタバレの内容も含みますのでご注意ください

目次

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第10位 悲鳴嶼行冥

鬼殺隊の岩柱です 常人離れした体格と戦闘能力に恵まれて いますが、盲目の剣士です 赤ちゃんの頃、高熱を出したことで 後天的に盲目になってしまいました しかし勘の鋭さは昔から変わらないようで 目が見えないにも関わらず周囲のことを よく把握していたため、実際は目が 見えていて嘘をついているのではないかとか 気味が悪いと怖がられていたようです 両親も早くに亡くしていますので あまり楽しい幼少期ではなかったでしょう しかし今の行冥は、彼にも当たり前に 幼い頃があったということが信じられない くらい強いので、もし幼少期の行冥を 見られたら、ものすごいギャップを感じて 面白いかもしれません

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第9位 胡蝶しのぶ

鬼殺隊の蟲柱です いつも笑顔を浮かべていますが その内面は鬼への憎しみと復讐心で 満ちており、炭治郎と蝶屋敷の屋根の上で 話した際には、「怒っていますか?」と 言い当てられていました 幼い頃は家族と仲良く暮らす 普通の女の子だったようです ただ、その頃から薬学に興味を持っており 庭に生えていた薬草を使って 独自に薬の調合を行っていました 鬼の存在を知らず 楽しく姉と笑っている幼少期のしのぶの かわいらしい姿を見てみたくなります 姉・カナエは、しのぶは笑っている方が かわいいと言っていましたが 憎しみなどの負の感情を隠すためではない 屈託ない笑顔はどんなに輝いていたのか 知りたい方も多いことでしょう

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第8位 鬼舞辻無惨

自分の血を与えることで人間を鬼にする 全ての鬼の始祖です 人間の命も鬼の命も何とも思わない 冷酷非道な性格ですが 自らのプライドよりも生き延びることに 執着する姿は、少し哀れにも見えました 生への執着心は、人間だった頃の 身体の弱さに起因しています 胎児の頃から何度も心臓が 止まりかけるほど体が弱かった無惨は 一度は死産と判断されたほどでした 成長してからも不治の病を患い 長くは生きられないとされていました 病弱で健康な者に憧れを抱く 辛い幼少期を過ごしたのではないでしょうか しかし、何とか病気を治そうとして 自分を鬼化させた医者を 一時の感情の高ぶりで殺してしまった ところを見ると 今のカッとなりやすい性格は 昔から変わっていないようです

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第7位 宇髄天元

鬼殺隊の音柱です 剣士になる前は忍びでした 幼少期には修行に明け暮れ 兄弟は9人いましたが、弟1人を除いて みな若くして亡くなっています 一族を繁栄させたかった父親は 天元や弟に「部下は駒、 妻は跡継ぎを産むためなら死んでもいい」 という価値観を植え付けました その歪んだ思想を否定しながら 天元は鬼殺隊に入っても戦い続けます 3人の妻たち、そしてお館様である 産屋敷耀哉との出会いにより 天元は救われました 辛い幼少期だったと思いますが とても端正な顔立ちをしているので きっと当時は美少年と 呼ばれていたのではないでしょうか 今と変わらないかっこよさと 派手好きな性格で 忍びとして活躍していた頃の 天元を見てみたいです

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第6位 竈門炭治郎

鬼殺隊の剣士です 鬼殺隊に入る前は、6人兄弟の長男で 亡き父に代わり竈門家の大黒柱として 奮闘していました 前向きで一生懸命で、仲間思いなだけでなく 鬼に対しても慈愛の心を忘れない炭治郎は おそらく幼い頃から そのような性格だったと思います しかし、幼少期は年相応に両親に甘えたり 禰豆子と共に子どもらしい遊びに 興じたりもしていたはずです そんな今とはちょっと違う 炭治郎が見たいです 禰豆子は町でも美人だと 評判だったようですが、炭治郎も 似ているので、小さな頃は愛らしい顔立ちを していたのではないでしょうか 今の精悍な顔つきもかっこいいですが かわいい炭治郎も良いと思います

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第5位 不死川実弥

鬼殺隊の風柱です 生きている弟は 炭治郎の同期である玄弥だけですが 実は7人兄弟の長男でした 貧しい家庭で育ち 父親は家族に暴力を振るっていたため 実弥は幼い頃から母親の手伝いをしたり 小さな兄弟たちの面倒を見たりと 忙しく生活していました 家族が存命だった頃の実弥は 今とは違って顔や体の傷もなく 屈託なく笑うかわいらしい少年でした もっと幼い頃は、きっと年相応に母親に 甘えたりもしていたのではないでしょうか 幼少期の幸せそうな実弥の姿を 見たくなります 今は剣士として厳しい表情を見せることが 多いので、比べると ギャップが激しいかもしれません

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第4位 時透無一郎

鬼殺隊の霞柱です 産屋敷あまねが、始まりの呼吸の 子孫であることを理由に鬼殺隊へ 勧誘に来たことがきっかけで 剣士になりましたが 素質はあまねの見立て通り十分で 刀を握って2か月で柱になったほどの天才です 双子の兄・有一郎が鬼に殺されたことで 感情や記憶の欠落が見られましたが 炭治郎との交流により、柔らかい印象に 変わっていきました 14歳という若さで柱の重責を背負う無一郎は 年齢よりも大人びて見えます 物語の中では、10歳前後の2人の姿が 出て来ますが、大変かわいらしい双子でした もっと幼い頃、2人の両親が存命だった頃は どんな感じだったのだろうかと気になります 幼い無一郎と有一郎が 年相応に楽しそうに 遊んでいるところが見てみたいです

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第3位 甘露寺蜜璃

鬼殺隊の恋柱です ピンクと緑色という個性的な髪の色は 大好物の桜餅を8か月の間毎日連続で170個 食べ続けたことが原因で このことからもわかる通り 力士3人よりもまだ食べると言われるくらいの 大食いです また、すごい怪力の持ち主であり 1歳2か月の頃には四貫の漬物石を持ち上げ 母親をびっくりさせたという 逸話もありました 1歳2か月でそのような とんでもエピソードがあるくらいなので 語られていない楽しい話は まだまだたくさんありそうです 髪の色が変わり始めた頃や 怪力を自覚した時のことなど 彼女の幼少期はそれだけで 1本の漫画になるくらい面白そうです 幼いながら今と変わらず色々なことに 胸をときめかせている蜜璃を見てみたいです

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第2位 嘴平伊之助

鬼殺隊の剣士です 見た目は猪の被り物をした筋肉隆々の 少年ですが、素顔は誰もが驚くほどの 美少年です その美貌は母・琴葉譲りのようで 彼女を傍に置いていた上弦の弐・童磨と 対峙した際には 「何か見覚えあるぞぉ、君の顔」と 言われていました 回想シーンにおいて まだ赤ちゃんだった頃の伊之助が 出て来ますが、その幼さでもはっきり わかるほど琴葉にそっくりな かわいらしい顔をしています 幼少期の姿は とても愛らしいものだったでしょう 童磨が鬼と知って逃げ出した琴葉が 手放した後の伊之助の成長を 見たくなってしまいます 山ではなく人間社会で普通に育っていたら 俳優などの華やかな職業に 就いていたかもしれません

幼少期が見てみたいキャラクターランキング|第1位 冨岡義勇

鬼殺隊の水柱です 鬼になったばかりの禰豆子が炭治郎に 襲い掛かった時、二人の前に現れました はじめは禰豆子を殺そうとしましたが 炭治郎の妹への思いを聞き入れ 育手・鱗滝の元へと導きました 口下手で表情が変わらないため 何を考えているかわかりづらいです そのせいで柱の中でも 浮いてしまっているようで 何かと声を掛けてくれるしのぶからも 「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」 と言われていました 姉・蔦子が自分をかばって 鬼に殺されたことが原因で 今の影のある義勇に なってしまったようなので 幼少期の姉を慕っていた義勇を 見てみたいです 今とは違って 明るくかわいらしい姿を 見せてくれるのではないでしょうか

幼少期が見てみたいキャラクターランキング| まとめ

いかがだったでしょうか? みなさんの幼少期を見てみたいキャラクターも 是非コメントで教えてください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鬼滅の刃が大好きな「あい」です。
漫画なら何でも読みます!>>YOUTUBEもやってますので、良かったら遊びに来てください✨

目次
閉じる