【鬼滅の刃】不死川実弥の魅力爆発シーンランキングTOP10

強面で乱暴な実弥ですが 女性や子供、お年寄りにとても優しいという 素敵なギャップの持ち主で 魅力満点のキャラクターです

今回はその中でも 特に実弥の魅力が詰まったシーンを アンケート結果を基にご紹介していきます

ネタバレの内容も含みますのでご注意下さい

目次

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第10位 稀血

黒死牟戦でのシーンです

上弦の壱・黒死牟相手に 実弥は善戦していました

その高い戦闘能力に 黒死牟も遂に刀身を見せて応戦し 実弥の実力を評価しています

しかしそこで遂に出された 黒死牟の月の呼吸の型を使った攻撃 実弥は“動けば臓物がまろび出る” というほどの重傷を負わされます

しかしその直後 なぜか上がる黒死牟の脈拍 不敵に笑った実弥は 「猫に木天蓼、鬼には稀血」と呟き 攻撃を再開

なんと実弥は 匂いで鬼を酩酊させることができる 稀血の持ち主でした

更に呼吸で血を凝固させ止血し 筋肉を引き絞り 臓物が飛び出るのを自ら止めるという 離れ業を見せた実弥

稀血という特異体質に加え 黒死牟をも驚かせた実力など 実弥の強さをひしひしと感じる かっこいいシーンでした

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第9位 その後の物語にて

“鬼殺隊見聞録・弐”で明かされた 炭治郎達のその後の物語 炭治郎は鬼殺隊解散後 実弥に手紙を出していましたが 字は読めるけど書けないという実弥から 返事が来ることはありませんでした

しかしある日炭治郎の家の縁側に おはぎと抹茶が置かれていました

風呂敷から実弥の匂いがしたそうで 恐らく実弥が 側にいた禰豆子に声も掛けず こっそり置いたもののようです

このおはぎと抹茶は 手紙の返事の代わりや お礼のつもりだったのでしょうか

輝利哉は実弥への手紙について 「嬉しいはず」と 炭治郎に声を掛けていましたが その通りだったのでしょうね

不器用な実弥の感情表現や優しさが なんとも愛らしいシーンでした

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第8位 救世主

無惨との最終決戦でのシーンです 最初に無惨と戦っていた 義勇、伊黒、蜜璃の3人は 無惨の圧倒的な力に押されており 遂に蜜璃が無惨の攻撃によって倒れ 絶体絶命の状態に しかしギリギリの所で飛んできた 悲鳴嶼の鉄球 救われた蜜璃にホッとした所

続いて実弥も駆け付け 無惨の身体を真っ二つに斬りました

すぐ反撃してくる無惨に合わせるように 今度は油の入った瓶を投げつけ 無惨自身の攻撃で瓶が割れ 無惨が油を被った瞬間 実弥はマッチで火を付け 無惨を燃やしています

非常に見事な攻撃と 「テメェにはこれくらいが似合いだぜぇ ブチ殺してやる、この塵屑野郎」 というセリフも相まって 痺れるほどかっこいいシーンでした

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第7位 実弥の好物

柱稽古での一環で 柱同士の手合わせをしていた実弥と義勇

しかしそれを見ていた炭治郎は 喧嘩と勘違いし止めに入ります

対する実弥は 「さっきから盗み見しやがって」 と言っており さすが、炭治郎が見ていたのには とっくに気付いていたようでした

しかしここでその炭治郎の天然が爆発 2人が争っている理由を 何故か 「おはぎの取り合いですか?」と言います

更にそう思った理由は 「実弥からずっと もち米とあんこの匂いがしていた」 「戻ってくる度抹茶とおはぎの香りがした」 からであると大暴露しました

いつも怖い実弥の好物がおはぎであり それも休憩中に抹茶まで立てて 食べていたという 可愛すぎるギャップが明かされました

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第6位 お館様

無惨に対しお館様が行った自爆 無惨に勝つための鍵となった行動でしたが お館様を失ったショックで 実弥は「お館様…守れなかった…」と 呆然とし 涙を流し「皆殺しにしてやる」と 向かってきた鬼を倒しています

実弥が柱になって初めての柱合会議で “隊員の事を 使い捨ての駒としか思っていない” とお館様に反抗した実弥

しかし実弥はこの直前に “恩人・匡近の殉職”を経験しています

その上でなされた発言であると 実弥の心情を理解していたお館様は 「ごめんね」と優しく微笑み 匡近を思う実弥に寄り添う言葉を掛けました

実弥はその器の大きさや お館様が 亡くなった隊員の名を全て覚えているという 真実に驚愕し お館様を尊敬するようになりました

そんなお館様を失って流された実弥の涙に グッとくるシーンです

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第5位 すごいきちんと喋り出したぞ

柱合会議で 炭治郎が鬼の禰豆子を連れている事について 裁判にかけられた時のこと 炭治郎が “禰豆子は人を守るために戦える”と 訴えても、しのぶが間に入ろうとも 鬼を連れているなどありえない 鬼が人を守る筈がないと 実弥は聞く耳を持ちません

更に箱の中にいる禰豆子を刺すなど かなり過激な行動を起こしています

しかしお館様が現れるなり すぐさま膝をついて頭を下げ 「お館様におかれましても ご壮健で何よりです」等と 完璧な敬語と態度で挨拶をこなしました

炭治郎も「知性も理性も 全く無さそうだったのに すごいきちんと喋り出したぞ」 なんて言っていましたが 乱暴な登場からこの礼儀正しい態度 というギャップ ドキッとさせられるシーンでした

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第4位 笑顔

無惨を倒した後 生死をさまよっていた実弥 生と死の狭間の世界で 天国で弟達と笑い合う玄弥と そちらに行かず立ち止まっている 母の存在に気が付きます

一緒に玄弥達の所に行こうという 実弥に対し 母は「我が子を手にかけて天国へは…」と ためらっていました

そんな母に実弥はとても優しい笑顔で 「わかった。じゃあ俺はお袋と行くよ」 「お袋背負って地獄を歩くよ」と 声を掛けています

これは実弥が笑っていた 数少ない貴重なシーンの一つであり そのあまりの優しさと母への深い愛情に 涙が出てくるシーンです

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第3位 この世で一番優しい人

実弥と玄弥の最期のやり取りです

黒死牟との戦いにおいて 死力を尽くした2人 黒死牟を見事倒し 気を失っていた実弥ですが 目を覚ますと 玄弥の身体が崩れているのを見て発狂し 「兄ちゃんがどうにかしてやる」と号泣

対する玄弥は 迷惑ばっかりかけてごめんと謝りますが 実弥は「迷惑なんかひとつもかけてねぇ! 死ぬな!」と懸命に声を掛けます

しかし玄弥の身体の崩壊は止まらず 最期の力を振り絞るかのように 「兄ちゃんが俺を守ろうとしてくれたように 俺も兄ちゃんを守りたかった」 「兄ちゃんは幸せになって欲しい 俺の兄ちゃんは この世で一番優しい人だから」 そう伝えて亡くなりました

珍しく取り乱した実弥の姿 「兄ちゃんが何とかしてやる」という台詞

玄弥の言葉… 2人の絆や切なる思いが伝わって来て 涙なしには見られないシーンであり 不死川兄弟の魅力が詰まっていました

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第2位 禰豆子が重なる

無惨を討った後 蝶屋敷で遭遇した実弥と禰豆子 柱合会議で禰豆子を刺した実弥は 気まずそうにしますが 当の禰豆子は全く気にする様子はなく 「怪我は大丈夫ですか?」等と 無邪気に聞いてきます

実弥は戸惑いつつも 「悪かったな色々…」と 炭治郎が鬼になった時 寝ていて力になれなかったことも含め 謝りました

対する禰豆子は 自分も2年寝ていた事があると ニャハ―っと笑い飛ばし 「私寝るの好きです」と屈託のない笑顔を 実弥に向けました

その姿が思わず玄弥と重なった実弥 切なげに眉を下げた優しい表情で 禰豆子の頭を撫でて去っていきました

禰豆子の姿が玄弥と重なり 泣きそうな笑顔を見せた実弥 何とも切なくグッとくるシーンでした

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング|第1位 弟

無限城にて黒死牟と遭遇し 一瞬で胴を割られた玄弥 黒死牟がトドメを刺そうとした時 “ヒュオ”と風の音が聞こえ 実弥が技を出し 寸での所で玄弥を守りました

それまでずっと 「才覚がないから鬼殺隊を辞めろ」と 玄弥に辛く当たっていた実弥 しかしここで初めて 素直な気持ちを伝えました 玄弥に鬼殺隊を辞めさせたかったのは 鬼殺隊に入って戦うことなく 天寿を全うして欲しかったから そして家族を増やし 鬼になった母や 鬼の母に殺された弟に してやれなかった分まで 玄弥の家族を 幸せにして欲しいと思っていたから そしてそこには 絶対に自分が鬼なんか来させない、と そう思っていたのです

炭治郎は言っていました

実弥から玄弥に対して 憎しみの匂いは少しもせず 実弥は玄弥の事が 変わらず大好きなままだと

吾峠先生は実弥のことを 泣いた赤鬼を地で行く人と 表現されていましたが その通りで 自分が嫌われようと憎まれようと 玄弥にだけは生きていて欲しいと 思っていたようです

実弥の不器用な優しさや愛情が詰まった 感動の名シーンでした

不死川実弥の魅力爆発シーンランキング| まとめ

いかがだったでしょうか?

みなさん好きな実弥のシーンも 是非コメントで教えてください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鬼滅の刃が大好きな「あい」です。
漫画なら何でも読みます!>>YOUTUBEもやってますので、良かったら遊びに来てください✨

目次
閉じる