【鬼滅の刃】生き残って欲しかったキャラランキングTOP10

鬼滅の刃は魅力的なキャラがとても多く 誰かが最期を迎えるたびに 思わず泣いてしまうこともあります。

今回はその中でも 生き残って欲しかったキャラをランキング形式でご紹介していきます。

ネタバレの内容も含みますのでご注意ください 。

目次

生き残って欲しかったキャラランキング|第10位: 煉獄杏寿郎

誰からも愛されていて周りの人に好影響を 与えることができる人物でしたので、煉獄杏寿郎が死んでしまったことは鬼滅隊に とっても痛恨の出来事だったと思います

また本人も前向きな人物ですしこの先も まだまだ強くなりそうな素材であっただけに 猗窩座も強さを認めているならピークまで 殺さないでよと思ってしまいました

ただ煉獄杏寿郎の死が竈門炭治郎に与えた影響は計り知れず、残酷ですがストーリーを 考えれば彼が死んだことは有意義だったとも 言えます

人物としては死なないで欲しかったキャラの 筆頭に挙げられるのですが死んだことに よって一層輝いたキャラでもあるので 10位にしました

生きていても間違いなく良い師匠になった でしょうからこの判断は難しかったです

生き残って欲しかったキャラランキング|第9位: 産屋敷耀哉

本人としては決意の死ではあるのでしょうが 見ている側からするとあまりにも衝撃的な 死でもっと他の方法を取ってくれても 良かったのではなかと思ってしまいました

家族も巻き込んでいますからね 残された人たちの気持ちを考えても 死なないで欲しかったなと心から 思ってしまいます

もちろんその死によって戦いは大きく変わる ことになり産屋敷家の悲願であった 鬼舞辻無惨打倒を果たすことが出来たので それは良かったと思います

ですが自分や家族の命を顧みずに倒さないと いけなかった相手がいたということは やっぱり悲しいですよね

みんなから慕われていたとても素敵な人物で あっただけにあまりにも影響力のある死に、衝撃を受けたと共に辛さを覚えました

生き残って欲しかったキャラランキング|第8位: 悲鳴嶼行冥

実質鬼殺隊のリーダーとして全員の 精神的支柱となりさらに最強の名に相応しい 戦いをみせた悲鳴嶼行冥も死なないで 欲しかったキャラクターです

特に悲鳴嶼行冥の場合は最後まで戦いきった 結果力尽きてしまいましたのでせっかく 鬼舞辻無惨を倒したのであればたとえ 五体満足でなくても生き残らせてくれても 良かったのではないかと思いました

ですが悲鳴嶼行冥は痣を出したことによって もう生きていられないことは覚悟していた ところがあったので亡くなり方は 潔かったですよね

そうだとしてもなかなか他人を信じられない 少し悲しい人生を歩んでしまっただけに 自分の使命を果たした後は自由になって 欲しかったという想いがありますので 残念な死でした

生き残って欲しかったキャラランキング|第7位: 桑島慈悟郎

死んでしまった瞬間は見ていませんし 我妻善逸の回想意外で見ることは なかったので物語に絡む機会が少なかった ですが死の匂いがしなかった人ですので 切腹の知らせを聞いた時はショックでした

回想シーンでの桑島慈悟郎は厳しいけど 優しくて可愛いおじいちゃんという印象で 既に一線を退いていましたので普通に考えて 死ぬキャラではなかったはずです

なのに死んでしまいしかも理由が我儘で クズでしかない獪岳が原因だとわかると 我妻善逸ではないですが怒りがこみ上げて きました

もちろん厳しい世界である鬼殺隊の中で 弟子が大きな不祥事を起こしたのですから、命をもって償うという理屈はわかるのですが、こんな奴のために死んだのかと思うと 非常に残念でした

生き残って欲しかったキャラランキング|第6位: 童磨

憎き鬼ですし倒されて当たり前なのですが どこか憎めないウザさがあったので鬼の中では唯一生きていても面白かったかもなと 思ったキャラです

童磨であれば鬼舞辻無惨の支配を解いて 自分勝手に生きていけそうなところが ありますし

人を食わなければ生きていけない 縛りがなくなればそれなりの生き方を していた気がします

他の鬼は鬼になった理由が可哀想だったり するのでその意味では生きて幸せを掴んでも 良いかなと思いますが、人間に戻って死ねる ことに少し安心感がありました

ところが童磨の場合は死んだところで ウザさは健在だっただけですので、それであれば敢えて生かしておいて ちょっとクセのあるキャラとして存在し 続けるのもありだったかもしれません

生き残って欲しかったキャラランキング|第5位: 伊黒小芭内

幼い頃から生贄としての人生を背負わされていて 逃亡後も親族を見殺しにした汚名を着せられた伊黒小芭内は鬼を倒して幸せな人生を取り戻してもらいたいという願いを特に強く 持っていました

しかも甘露寺蜜璃という辛い人生に光を 与えてくれた両想いの相手もいたのですから

この先に素敵な未来が待っていたはずです

たしかに鬼舞辻無惨との戦いは壮絶で 既に深手を負っていた仲間を助けるために 最前線で戦っていた伊黒小芭内は危険だとは 思っていました

それでもやはり結果を突きつけられると 辛いものがあったので 生き残って欲しかったですね

せめてもの救いは愛する人と共に旅立つ ことができたことでしょうか

甘露寺蜜璃に先立たれることを考えると 最期のセリフからも死は望むところだった かもしれません

生き残って欲しかったキャラランキング|第4位: 時透無一郎

成長途中でこれからどんな大人になって いくのかが楽しみだっただけに時透無一郎の 死はショッキングでした

正直なところ最初の時透無一郎はあまり 好きにはなれず独特の雰囲気だけを持った 根暗キャラだと思っていましたが、竈門炭治郎たちと触れ合うことで明るさを 持った良い子になったという印象を 持ちました

剣の腕は天才的ですし他人を思いやる心も 生まれれば死んでしまった両親や双子の兄の 分まで幸せになれたはずだっただけに 残念でなりません

最期まで執念という言葉だけでは説明 できないほどの戦いを見せていたので 自分の中でもきっと新しい何かが芽生えて いる途中だったのでしょう

その大きな花が開花することなく散ったのは とても悲しかったです

生き残って欲しかったキャラランキング|第3位: 不死川玄弥

ずっと兄である不死川実弥や鬼となって 死んだ母のことを想い年相応の素直になれなさで孤独を深めていた不死川玄弥は、共感できる部分も多いキャラクターでした

その固く閉ざした心が師である悲鳴嶼行冥の 優しさや竈門炭治郎たちとの共闘により 少しずつほぐれていく姿は愛おしさすら ありました

死ぬことになった黒死牟との戦いは 無理をし過ぎだと読んでいる時から 感じていました

もちろんそれは自分の命を顧みずにでも 鬼を倒し兄や仲間を助けたいという 強い想いがあったからなのですが、ただの不器用な少年がそこまでしなければ ならなかった運命の残酷さが悲しくなります

不死川玄弥は鬼滅の刃の主要キャラの中では やや超人感に欠けてその分等身大の少年 だったので、余計に心が抉られました

生き残って欲しかったキャラランキング|第2位:胡蝶しのぶ

胡蝶しのぶ自身は最初から死ぬ覚悟で 戦っていたのですが、その気持ちも含めて 死なないで欲しかったと思ってしまいます

蝶屋敷で一緒に暮らしていた栗花落カナヲ たちはもちろんのこと、竈門炭治郎ら後輩隊士 たちにも愛された皆の心の拠り所だった だけに残された人たちの喪失感も計り知れないものでしょう

ストーリー上も竈門炭治郎たちと距離が近く まったく死んでしまうイメージが なかったことも悲しみを倍増させた理由では ないかと個人的には思っています

まだ10代の少女に使うのは申し訳ないですが、お母さん的な役割も担っていましたからね

本人も今まで姉の仇を打つことを目標に 生きてきたところもあったでしょうから、鬼が消えた世界で大切な「家族」と共に 幸せに暮らして欲しかったです

生き残って欲しかったキャラランキング|第1位: 甘露寺蜜璃

とても明るくみんなを照らすような存在で 死んでしまう雰囲気がまったくなかったので、意外だったということも含めて死なないで 欲しかったと心から思いました

他のキャラはどことなくいつか死んでしまい そうな危うさを持ち合わせていますが、甘露寺蜜璃については生きる楽しさを 体現する役割だと考えていました

鬼舞辻無惨との戦いでも大怪我を 負いましたがあのまま戦線を離脱していれば、命は助かっていたのでそれで良かった はずです

それでも戦ってしまうのが柱たる由縁 なのでしょうが、甘露寺蜜璃だけは無理を しないで欲しかったのが正直な感想です

5位の伊黒小芭内と共に来世で結ばれる約束をしてこの世を去ることが出来たのは、美しかったですが人生を謳歌して欲しいと思えるキャラでした

生き残って欲しかったキャラランキング| まとめ

いかがだったでしょうか?

みなさんの思う 生き残って欲しかったキャラも 是非コメントで教えてください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鬼滅の刃が大好きな「あい」です。
漫画なら何でも読みます!>>YOUTUBEもやってますので、良かったら遊びに来てください✨

目次
閉じる