【鬼滅の刃】印象に残った最期ランキングTOP10

鬼滅の刃は魅力的な人物が多く 誰かが最期を迎える度に とても胸が締め付けられますよね 今回はその中でも、印象に残った最期を ランキング形式でご紹介していきます ネタバレの内容も含みますのでご注意ください

[鬼滅アフィ誘導 ]
目次

印象に残った最期ランキング|10位: 魘夢

死に様が最もみっともない鬼だったので 印象に残ったという意味でランクインです 他の鬼には悲しい過去があったり 少し人間の時のことを思い出しながら 死ねることにホッとしているようなところを 感じさせる描写があるのに 魘夢にはまったくなかったのが印象的です 自分の行動の後悔も懺悔ではなく もっと上手くやれたのにと言いながら さらに他人のせいにして反省もしないという 正真正銘のクズでした 性格の悪さを最後まで存分に発揮した 倒されてスッキリするある意味で立派な 敵役でしたね さらに言えば魘夢が死んだ直後に猗窩座が 登場したのでその死についても完全に 忘れてしまいそうになります 全てにおいて小者っぷりを発揮した 死に方でした

印象に残った最期ランキング|9位:桑島慈悟郎

我妻善逸の回想にしか出てきませんし その死のシーンも描かれたわけではないのですが 弟子の不始末にけじめをつけた潔さと悲しさから ランクインさせました 善逸の回想シーンだからということも あるでしょうが桑島慈悟郎はじいちゃんと 呼ばれて少し可愛いところもある コミカルなイメージでした ですがさすがは元柱と言えばいいのか 最後まで覚悟の強さを感じさせる死で 介錯人をつけない切腹という壮絶な最期を 選んでいます 死の知らせを受けた善逸が本気で怒りを 爆発させていたことも印象的で 全てが想像となってしまいますが 心に残るキャラクターとなりました

印象に残った最期ランキング|8位: 累に刻まれた剣士(サイコロステーキ先輩)

那田蜘蛛山で盛大に死亡フラグを立てて 期待通りに瞬殺されてしまった名もなき先輩隊士は インパクト抜群でしたのでランクインさせない わけにはいきません 十二鬼月である累の強さに恐怖すると共に 細切れに切り刻まれるという凄惨な殺され方なのですが サイコロステーキ先輩の通称でファンの間でも 話題となった人物でもあります 名もなき初登場キャラなのに無駄に自信満々で 人格にも問題がありそうな発言をするなど あまりにコテコテの死亡フラグだったので 殺されるまでの一連の流れは不謹慎ですが コントのようにすら見えました モブキャラながら忘れられない死に方をした 偉大なる先輩です

印象に残った最期ランキング|7位:鬼舞辻無惨

ラスボスとしての存在感とそのあまりの強さに 倒した時には心からホッとしたという意味で印象的でした なりふり構わず生き延びようとした 最強らしからぬ執念も凄かったですね こうした敵キャラの場合はどこか達観したところがあって 死を恐れていないところがあるものですが 鬼舞辻無惨の場合は絶対に死にたくないという気持ちが 終始出ていたので最期を迎えたことは 少し哀れですらありました それでも毒の効果で弱らせて太陽の光で倒すことが 出来たので必殺技などではない地味といえば地味な 勝ち方ですからね 鬼殺隊が死力を尽くして多くの犠牲を出した中で ようやく倒せたので最強であったことに違いはありません

印象に残った最期ランキング|6位: 悲鳴嶼行冥

最強の鬼殺隊隊士として傷だらけになりながらも戦い抜き 最後も他の隊士のことを気遣いながら死んでいった 悲鳴嶼行冥は本当に立派な最期だったと思います 鬼殺隊の柱はみなそうですが 特に悲鳴嶼行冥は常に死を覚悟した上で戦っていて 自分の身を顧みないところがありました 25歳までに死ぬと言われている痣のことも 既にその年齢を超えている中で発生させるのは 即死ぬことも想定していたことでしょう そうした彼の生き様に想いを馳せた上で 鬼舞辻無惨を倒してから安心して最期の願いを 後輩隊士に託して人生を終えたことは大人びていて ジーンとなりました

印象に残った最期ランキング|5位: 産屋敷耀哉

あまりに唐突かつ衝撃的な爆死に初見で 「何かの間違いだよね?」となってしまいました 柱たちが爆発を目の当たりにして驚愕の 表情をしていましたが こちらもそんな顔になったほどです しかしその覚悟は相当なものだったと推察され 産屋敷耀哉も鬼殺隊をまとめるものとして 自分の命を鬼舞辻無惨打倒に少しでも 使いたいと心から願っていたのでしょう 家族を巻き込んだことは個人的には 納得いかないですが他は思惑通りに無惨に 大きな隙を作らせることに成功していますし 隊士の士気を最高に上げることとなって 無惨打倒の原動力となりました 既に死期が迫っていたいたこともあり ずっと温めていた計画だったのでしょうが 想いを繋ぐを体現した死は実に印象的でした

印象に残った最期ランキング|4位:猗窩座

敵ながら潔いラストに涙したので上位に ランクインです 猗窩座は戦いのためなら人の気持ちなど 考えない鬼ではありますが 実にストイックで男らしいとも言える部分はありました それだけに竈門炭治郎や冨岡義勇との戦いは見事な ものでしたが何よりも人間の時の記憶を回想される シーンはあまりに印象的でした 可哀想な過去を持つ鬼も多い鬼滅の刃ですが 猗窩座はその純粋さから特に好きな鬼となっています 頸を落とされながら復活しそうになるところは ハラハラしましたが最終的には自害する道を 選んだところも猗窩座らしくて素晴らしかったです

印象に残った最期ランキング|3位: 甘露寺蜜璃

哀しく愛おしい印象的な最期となりました 死力を尽くして戦った末に愛する人と結ばれながら この世を去ることはある意味では 幸せだったのでしょうが 私は生き残って欲しかったと思っています 甘露寺蜜璃の死の瞬間は伊黒小芭内の死と共に あまりに美しいシーンで印象的な死が多い 鬼滅の刃の中でも神々しさはダントツでした 甘露寺蜜璃の場合は他の柱に比べると 少し癒し系の天然キャラな部分が多いですが 最後の戦いでは自分の感情を思いっきり ぶつけていて「もういい加減にしてよ」の セリフに気持ちが凝縮されています そして力尽きる際のあのセリフですので 自分の心に素直になった彼女の魅力が 溢れている最期でもあると思いました

印象に残った最期ランキング|2位: 煉獄杏寿郎

自分に与えられた責務に殉じた煉獄杏寿郎の死は その後の竈門炭治郎たちの成長にも大きな影響を 与えた意味でも非常に印象的なものとなりました 鬼殺隊の柱として後輩隊士や一般人を守るために たった1人で上弦の鬼に立ち向かった姿は 最高にカッコ良く気迫で実力差を埋めたことも 流石の一言です あれだけの力を見せながらも猗窩座に 敵わなかったことはショックでしたが 竈門炭治郎の言う通り煉獄杏寿郎の 勝ちと言って良いでしょう 自分がもう助からないとわかって炭治郎に 語りかけるシーンはその一つ一つの言葉が とても重く心に響きました そして迎えにきたのであろう尊敬する 母親の姿をみて笑顔を見せるシーンは 何度観ても泣けます

印象に残った最期ランキング|1位: 胡蝶しのぶ

ショック度では誰よりも大きかった 胡蝶しのぶの死を1位に選びました 童磨との戦いはいつも自分の感情を 押し殺していた胡蝶しのぶの本心が ぶちまけられていて胸が熱くなりましたし にもかかわらず勝てずに食われてしまった 時にはしばらく呆けてしまいました ところがそれも作戦の範疇だったことが 明かされたことで彼女が私が思っている以上に 強い覚悟で戦っていたことがわかり震えました この計画を立てた時にどんな心境だったのかは 凡人の私には計り知れません 仮に童磨に殺されずに勝っていても 毒を全身に巡らせているので 永くは生きられなかったでしょう 笑顔の裏にかくされた激情に 敬意を表して1位に選びました

印象に残った最期ランキング| まとめ

いかがだったでしょうか? みなさんの印象に残った最期のシーンも 是非コメントで教えてください

[鬼滅アフィ誘導 ]
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

鬼滅の刃が大好きな「あい」です。
漫画なら何でも読みます!>>YOUTUBEもやってますので、良かったら遊びに来てください✨

目次
閉じる