【徹底比較】一人暮らしにおすすめの電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

種類が多すぎてどれが良いか分からない・・・。


この記事では一人暮らしにおすすめの電気ケトルをご紹介していきます。


▼一人暮らしにおすすめの電気ケトル10選

さぶろぐ
さぶろぐ

タイガー魔法瓶 電気ケトル
良品計画
ティファール 電気ケトル パフォーマ
ティファール アプレシア プラス
アクティブシリーズ電気ケトル
YAMAZEN 電気ケトル沸騰自動OFF機能付き
カルディ 電気コーヒーポット
電気ケトル ステンレスタイプ
ステンレスケトル マキアート
電気ケトル フェンネル

一人暮らしの大学生や社会人の方は、朝はゆっくり寝ていたいしばたばたすることが多いと思います。

カップラーメンやコーヒーを飲みたいときに、水をいれて置いておくだけで身支度を整えている間にお湯をサッと沸かすことが出来るのでとても便利だと思います。

さぶろぐ
さぶろぐ

まずは一人暮らしにおすすめの電気ケトルの選び方を見ていきましょう!!

一人暮らしにおすすめの電気ケトル|選び方

内容量の少ないもの

一人暮らしであればコーヒーを飲む、カップラーメンを作るとしても1リットル入れば十分です。

内容量が多くなるほど沸かすにも時間がかかりますし少ない量であれば節約にもなります。

あとは少ない水量でも使えるものが良いですね。

ここまで水をいれないと使えませんというものもあるので注意してみてください。

洗いやすいもの

水を入れるときに空ける蓋の部分が狭く、自分の手が入らないとなかなか底まで洗うことが出来ません。

おしゃれで蓋の部分が狭いものがありますがお手入れはしづらいです。

お湯を沸かした後、水になったものを放置しておくと底の部分は汚れますし、側面はぬるぬるしたりしてくるので自分の手が底までつくものが良いです。

沸いたら沸騰が止まるもの

電気ケトルならほとんどが沸いたら勝手に沸騰が止まるのでそこまで重視しなくても良いとは思いますが、お湯を沸かせてる間に洗顔や着替えをしていて、沸かしているの忘れてた!なんてこともあると思うので、沸騰したら止まるものが安全ですしおすすめです。

温度が下がればもう一度スイッチを入れればすぐに沸くので、1度止まるものが良いです。

沸騰までの時間が短いもの

独り暮らしの生活のなかで電気ケトルを使用するのは朝のコーヒーや、さっとカップ麺を食べたいときが多いと思います。

電気ケトルのうりは素早く必要な量のお湯が沸かすことが出来ることですが、その中でも沸騰までの時間差はメーカーさんによって様々ですので出来るだけ短時間で沸くものが待つストレスもなくおすすめです。

自分の好みのデザインを選ぶこと

やかんと違って電気ケトルは常にカウンターやキッチンに出ているものと考えた方が良いと思います。

なのでお部屋にあった色合いのものや自分の好きなデザインを選ぶときに良いです。

生活感が出るのが嫌な方はお洒落なものを販売されているのでインテリアとして飾ってもお洒落に見えるものを選ぶのもポイントです。

さぶろぐ
さぶろぐ

次に、一人暮らしにおすすめの電気ケトルのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

一人暮らしにおすすめの電気ケトル|メリットとデメリット

一人暮らしにおすすめの電気ケトルのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

・内容量の少ないもの・洗いやすいもの・沸いたら沸騰が止まるもの・素早くお湯が沸くもの

デメリット

・洗いづらい・お湯が沸いたかが遠くにいるとわかりづらい・近くに湿気に弱いものがあると固まってしまい使えなくなる・安いものだと接触が悪くなってくる

さぶろぐ
さぶろぐ

それでは早速、おすすめの電気ケトルの選び方を紹介していきます!!

一人暮らしにおすすめの電気ケトル|『さぶろぐ』のイチオシ

タイガー魔法瓶 電気ケトル

高速に沸騰させることが可能であり、機能、デザインがバランスよく良い。

ふたの取り外しOKで、蒸気カット、通電自動オフが搭載されている。

1300ワットである。

二重構造にもなっている。

満水量は1Lあり、全体的に使いやすいようになっている。

材質は樹脂。

>>タイガー魔法瓶 電気ケトルのレビュー記事はこちら

一人暮らしにおすすめの電気ケトル|人気のおすすめ商品比較

良品計画

値段は、5000円近くと手軽に買える値段である。

デザインはかわいい感じでおしゃれあるが、繊細に注ぐのにはあまり向かない形状になっている。

材質は樹脂で、サイズ展開、満水量は0.5Lとあまり多くないが、使いやすさは抜群である。

デザインとともに使いやすい製品。

>>良品計画のレビュー記事はこちら

ティファール 電気ケトル パフォーマ

値段が3500円から4000円程度くらいで、手ごろに買える製品である。

とても手入れがしやすく衛生的である。

しかし、取っ手の部分では、安全対策がしにくいというところがありそこは難点。

注ぎ口フィルター、空だき防止などもあり、使いやすさ製品である。

>>ティファール 電気ケトル パフォーマのレビュー記事はこちら

ティファール アプレシア プラス

3500円ぐらいから4000えんぐらいで買うことができる商品である。

材質は樹脂で、自動電源OFF機能がついている。

1200ワットあり、使いやすいが、とても良いというところがあまりなく、とても悪いと感じるところも特にないという、バランスのよい商品。

>>ティファール アプレシア プラスのレビュー記事はこちら

アクティブシリーズ電気ケトル

3000円ぐらいから3500円、4000円程の値段で買うことの出来るである。

3角口が良く、注ぎ心地がとても良い。

満水量は1Lで多い。

材質は樹脂で1200ワットである。

しかしあまり安全性も高くはなく、沸騰時間が遅いというところがあまり良くないところ。

>>アクティブシリーズ電気ケトルのレビュー記事はこちら

YAMAZEN 電気ケトル沸騰自動OFF機能付き

1500円から2000円でかうことができるという一人暮らしのあまりお金を使いたくないという人におすすめできる電気ケトル。

満水量が1L入るという大容量だが、人を選ぶ取っ手であるため、買って、使ってみないと分からないという点が良くないところである。

>>YAMAZEN 電気ケトル沸騰自動OFF機能付きのレビュー記事はこちら

カルディ 電気コーヒーポット

3500円から4000円で買えるお手ごろな製品である。

満水量が0.8Lで多くはないが、全然使いやすい量である。

材質はステンレスである。

注ぎ口は、細口でコーヒードリップポット風 。

ふたの取り外しができる点が使いやすい。

900ワットで大体が使いやすい。

>>カルディ 電気コーヒーポットのレビュー記事はこちら

電気ケトル ステンレスタイプ

2500円から3000円で買うことができる安い製品である。

沸騰時間は、とても早いということではないが、そこそこ早い。

ただ 、本体のつくりが甘く、あまり良くないというクチコミもよくある。

満水量は1Lあり、900ワットでオシャレな見た目なので使いやすい。

>>電気ケトル ステンレスタイプのレビュー記事はこちら

ステンレスケトル マキアート

2500円から3000円で買えるとてもやすい製品である。

水切れがとてもよく注ぎやすい。

だが、取っ手の形状があまり良くないということがクチコミに多数ある。

材質はステンレスで、注ぎ口は鶴口のやかん風である。

900ワットで満水量は0.8Lなので使いやすい。

>>ステンレスケトル マキアートのレビュー記事はこちら

電気ケトル フェンネル

3500円から4000円ぐらいで買うことができる手ごろな商品である。

使い勝手はとてもいいというが、沸かす水の量が増えていくと同時にパワー不足が見えるという口コミが多数ある。

材質は樹脂で、注ぎ口は、三角口である。

900ワットで満水量は1Lなため、使いやすい。

>>電気ケトル フェンネルのレビュー記事はこちら

一人暮らしにおすすめの電気ケトル|まとめ

やはり時短です。

やかんはお湯が沸いたら火を止めにいかなければいけませんし、目をあまり離せませんが、電気ケトルは水をいれて置いておけば安心してその間に朝の身支度などを済ませることが出来ます。

その時に必要な分だけの水をいれるので節約にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)